「武造とマツの物語(新)」

【小説】 身体障害者に理解がない時代にマツは、幼少のとき親同士で決め

た「ろうあ者」との結婚のため養女にいく。偏見や逆境に遭いながらも前向きに生きていく。



2011年11月29日

心の怪我 第123回

マツはうつむいたまま黙って聞いていた。

関衛門が言った
「けど、怪我は治らないわけではねー、時間はかかるが必ず治るものだ、愛情が少しずつ治してくれるだー」

(愛情・・・)

マツは、武造の自分を見る真っすぐで純真な目、そして、自分を気遣う行動が思い浮かんだ・・

(お父(とう)が言う通りだ、武造の目・・自分に対する気遣いで、オラ、確かに気持ちが軽くなっていく・・・)

関衛門が言った
「オメーは、人を憎むことをしねー、そして人の幸せを喜ぶ人だ!  オメーは、自分に怪我をさせた武造を憎まねーし、きつくあたることもしねー」

そう言う関衛門の言葉に、下駄屋の女将も同じことを言ったことをマツは思い出した。

関衛門は、さらに続けた。
「愛情というものは、培っていくもんだ、最初から完成された愛情はねーんだ、だから、結婚式がすべてではねー、結婚式の後からが大事なことなんだ」

(愛情は培っていくもの・・・)

マツは、下駄屋の女将が嫁に関して言ってたことを思い浮かべた・・・

(下駄屋の家は、仲が悪そーだったなー・・・女将は、悩んでたったなー・・・)


マツは、関衛門が言ってることを理解した。

マツが関衛門に言った
「オラ、武造を嫌いではねーし、武造が不幸になることも望んではいねーだ」

そのマツの言葉に関衛門は微笑み、
「武造は、オメーに悪いことをしてしまったが、結婚をする前より、今の方がずっとオメーのことを好いてるだー、オメーたちは、結婚の始まりは悪かったが、夫婦で愛情を培っていって幸せになったらえぇー」

(結婚式よりその後の方が大事・・・)

マツは、この関衛門との会話で、結婚式のことが少し小さな問題に見えてきたように感じた。

(心の怪我が、少し癒えたんだべか・・・?)
ラベル:心の怪我
posted by junko at 14:03| Comment(0) | 新・武造とマツの物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。