「武造とマツの物語(新)」

【小説】 身体障害者に理解がない時代にマツは、幼少のとき親同士で決め

た「ろうあ者」との結婚のため養女にいく。偏見や逆境に遭いながらも前向きに生きていく。



2011年12月19日

武造とマツのその後〜 【最終回】

その後、
二太郎は東京に行き、書店に勤め、そのあとガソリンスタンドに勤める。
それから、知人の保証人になり音信不通となる。

二太郎と連絡が取れなくなって数年経ったころ、鶴見列車事故が起きた。死者数100人以上出た大きな列車事故だった。

その鶴見事故が起きた時のニュースで、死亡者に二太郎の名前が出た。
武造、マツの家の者たちは、二太郎が死んだと言って泣いてたいへんだった。

身元確認のため、東京に向かおうと駅に行った時、警察から連絡が入った。
死んだ二太郎は、その家族が来て「うちの者だ」と言って引き取ったということだった。
同姓同名だった。しかも漢字も同じだった。

そうしているうちに、二太郎は東京の学校のボイラーマンとして働いているという情報が入った。
一太郎と善子が、東京のその学校に確認に行く。

本人と無事に出会い、二太郎から話を聞いた。
「知人の保証人となり、その知人が事業で失敗をし、保証人となった自分が借金を担うことになった。家のものに迷惑をかけてはいけないと思い連絡出来なくなった。自分は建設会社で働き始め、今働いている学校の建設をしていた時に、その学校の理事長に気に入られて、学校の用務員として働くように声がかかり、それ以後、この学校で働くようになった」ということだった。

二太郎は、1人暮らしをしていてずっと独身だった。
その二太郎にある日、突然、病魔が襲い倒れる。半身不随になりリハビリをするが1人で暮らせるほど回復はしなかった。

マツは、二太郎の世話のために東京に出向き1年半ほど世話をする。
その後、二太郎は上長井村の家に引き取られて世話を受けるが、具合が良くなく入院中に亡くなる。


ヨネはというと、そのキリっとした厳しさは村一番というほどになった。
ヨネ婆と言われ、村の子どもたちは「ヨネ婆はこわい」と言った。


関衛門はというと、次第に村人の信頼を得るようになる。
村で問題が起き、その解決のために村人が集まり話し合いがあると、関衛門は道理にかない平衡がとれた解決策を提案した。
関衛門の意見は、度々村の問題解決となった。

さらに、関衛門は筆字が上手で、村人は書類の書き方などを依頼してくるようになる。関衛門は村の行事の書類を書くようになった。

そして、関衛門は村人の敬意と信頼を得、寺の総代を依頼された。

よそ者としてかなりの長い年月を経て、とうとう関衛門は村人に受け入れられ、しかも村のまとめ役になった。


それからの関衛門の家には、村の人たちがひっきりなしに来るようになった。
気楽にお茶飲みにきたり、悩みや相談でやってくる。
入れ替わり立ち替わり、常に誰かが来ていた。
そういう状況はずっと続き、関衛門の家は村人が集まる団らんの場のようになった。


一太郎と善子の間にも、子供が4人産まれた。(男3人、女1人)皆元気な子どもだった。


そして、筆者(私)の夫が、大人になったころ、他の兄弟たちと一緒に、武造(爺さん)を連れて日本海に行った。

武造は、孫たちが海水浴して遊んでいる姿を嬉しそうに見ていた。
そして、夕方になり太陽が海に沈みかけた時・・・

武造は、慌てて海に入り孫たちを海から出るようにと手を引っ張った。
武造の顔は、パニック状態だった。

あまりにも、早く海から上がるように急かすので訳も分からないまま孫たちは海から上がった。
武造爺さんに理由を聞いた

武造は、太陽を指差した!
ナント、「太陽が沈むと海は沸騰する!!」と思ったらしい。

武造は生まれて初めて海に沈む太陽を見た。
山に囲まれて育った武造にとって、太陽が山に沈んでも山火事になるとは思わなかった。
太陽が山に沈むのは、普通の光景だったからだ。

しかし、海に沈む太陽を見たのは初めてだったので驚いたらしい!!

家の戻り、孫たちが地球儀と電球を使って説明したが、武造は理解できなかった。


【最後に・・・】

筆者(私)は、マツの晩年のときに嫁にきました。
(関衛門、ヨネ、武造は、亡くなっていました)

武造は、咽頭がんのため70歳半ばで亡くなりました。


マツは、物静かな感じで嫁としての不慣れな私に優しく声をかけてくれたことが印象に残っています。
(正直、南国育ちの私には、マツが話す方言が最初は聞き取りにくかったです(笑))

マツは緊張をほぐしてくれるような温かい雰囲気を持っていて、そばに座ってホッとするような存在でした。

そのマツが持っていた平和な特質は、関衛門の家系に引き継がれています。

そして、マツは、80歳後半に山に行き山菜採りをした後、その夜、肺に水が溜まり救急車の中で亡くなりました。
お葬式の時に、皆が言いました「マツは、ほんとにいい人だった。死ぬ前まで自分の好きな山菜採りができて良かったな」と。

「完」

※ 武造とマツの物語を最後まで読んでくださりありがとうございました。
心より感謝いたします。   筆者(じゅんこ)
posted by junko at 15:13| Comment(0) | 新・武造とマツの物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武造とマツのその後〜 第127回

関衛門が言った
「名前は、一太郎だ」

待望の赤ん坊の名前は、一太郎と名付けられた。

マツは内心不安だったことがある・・・

(子供の耳は聞こえるんだべか・・?)と・・・

一太郎の耳は問題なくちゃんと聞こえた。異常なしだった。


〜〜〜〜武造とマツのその後〜〜〜〜



上長井村では、村を活気づける為に「田植え競争」を行った。優勝者には米一俵(60s)が与えられる。(各家から米を少しずつ集めて一俵分を作った)

田んぼの中に、一列に並び一斉にイネの植え付けをする。早くむこう側に着いた人が勝ち。
皆の田植えの仕方は、前方に歩きながら植えたが、武造は、後ろ向きになり下がりながら植えていった。
武造の植え方は、ダントツ早かった。優勝は武造だった。


関衛門は、一太郎の成長を注意深く見守った。

一太郎が、父親(武造)のことを意識しはじめたのは小学校のころから。(回りから耳きんかと言われ、父親が耳が聞こえない事実を意識しはじめた)

武造とマツの間に、二番目の子、長女が産まれる(継子と名付けられる)が、2,3歳のころに肺炎で亡くなった。(病死)

それから、三番目の子、二男が産まれる(二太郎と名づけられる)
四番目に、三男が産まれる(三太郎と名づけられる)
五番目に、二女になる女の子が産まれる(優と名づけられる)


一太郎は、学校から帰ると弟や妹の子守りをする務めがあった。(大人たちは畑や田んぼなどの仕事で忙しく、子供は学校から帰った長男に任せた)

一太郎は、おしめ交換、おんぶ、昼寝をさせていた。

遊び盛りの一太郎は、鳥を捕りに行きたくなると、下の子たちを早く寝かせつけて鳥を捕りに行った。棒の先にネバネバしたとりもちをつけ、それを鳥かごにつけて鳥を捕った(シジュウカラなどが捕れた)

帰ってきたら、子供がビイービイー泣いていて、ヨネからこっぴどく叱られた
(一太郎、家の中に入るでねー、そこさ座れ)それから説教が始まる。

一太郎は成長し17,18歳のころになると、街に遊びに行きたくてたまらなかった(特に、映画を見たくなる)

こっそり靴と着替えを窓から外に出しておき、夜に抜け出て街に行き映画を楽しんだ。・・・が、帰るとヨネにバレていてこっぴどく叱られる。

母親のマツは子どもに優しかったが、ヨネは厳しかった。

18歳になると兵隊にと志願しようとしたが、関衛門が止める(戦争はするもんではない)と。
その代わり、いわき市の常磐炭鉱で働きに行ったが、塵肺で胸を悪くし3カ月で帰る。

20歳にお見合いをし、隣の村から嫁をもらう。

嫁に来た善子は、武造のことを知らなかった。
嫁いできてから、村人に「何でかたわの家に嫁に来たんか?」と言われ大きなショックを受ける。
その村人の言葉が善子を悩ませた。

武造が耳が聞こえないのは、生まれつきではないか?・・・(産まれてくる子どもたちが五体満足に産まれるか心配でたまらなかった)

善子が嫁に来た時はまだ、二太郎、三太郎、優が家にいた。(同居)
善子は畑や田んぼの仕事を一生懸命に働いた。

善子が実家に帰りたいと言うと、関衛門は許すがヨネが「一晩だけで帰って来い」と言う。
善子は、片道15q歩いて実家に帰り少しばかりの“ほっ”とする時間をとれた。


一方、マツは行商でお得意さんが多くなり、嫌いだった行商の仕事も好きになり喜んで仕事ができるようになっていた。

行商しながら、以前会った、座敷わらし?の女の子とたびたび会うようになり親しくなっていった。

成長していたその座敷わらし?は、家の中から一度も出たことは無かったが、家の人の散髪ができるほど器用な手をしていることが分かった。

関衛門にそのことを話すと、「家に来てもらい散髪を頼んではどうか?」ということになり、マツはその座敷わらし?(アキという名前をしていた)の家の人にそのことを話した。
戸惑った家の人だったが、渋々承知してくれ、マツはアキを連れて自分の家に行った。

アキは、器用に散髪をしてくれ関衛門や武造は喜んだ。
アキも武造と同じで、耳が聞こえなかった。

アキは生まれて初めて外に出、しかも得意な散髪をして喜んでもらえたことが嬉しくてたまらなかったようだった。アキは泣いて喜んだ。

それから、アキは定期的に関衛門の家に散髪をするために来るようになった。

アキが、家の外に出たことで怒った人がいる。それは吾一だった。
実は、吾一はアキの家とは親戚にあたり、身体障害者は家の中に隠しておくべきだと強く思っていたからだった。

自分の親戚に身体障害者がいると知られたくなかった吾一は、かなり取り乱し怒っていたが、時間とともにアキが外に出れてとてもうれしそうな顔をし、人の散髪をしてお金を稼いでいることにより自尊心を抱くようになった様子を見るにつれて吾一の気持ちも変わっていった。

ある時、吾一は関衛門に言った
「関衛門、オラは間違っていたかもしれねー、オメーのほうが正しかった」

その後、アキは耳がきこえないというハンデを負いながらも散髪屋として働くようになる。(依頼された家に行って散髪をした)

上長井村はこのこともきっかけとなり、身体障害者に対して寛容な見方をするようになった。
身体障害者を家の中に隠すという習慣は次第になくなり、障害者も普通の人間として受け入れられていった。


また、武造の耳をつぶした人、ツネとの関係も改善されていった。ツネは自分がしてしまったことを心底悔やんでいた。

関衛門やヨネもツネと普通に接することができるようになり、ツネは度々関衛門の家にお茶飲みに来るようになった。


posted by junko at 14:55| Comment(0) | 新・武造とマツの物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

お腹が“ぱかっ”と開き、赤ん坊が出てきた?第126回

襖が開き、ヨネが「中に入っていいどー」と言ったと同時に、武造がすぐさま中に入った。

横たわったマツが無事でいることを武造はよろこんだ。

マツの横にいる赤ん坊を見た武造はまず、いろんな角度からその赤ん坊を眺めた。

そして、武造は赤ん坊の顔をチェックし始めた・・目・鼻・口・耳と・・さらに赤ん坊の手に触れてその指を数えはじめ、次は赤ん坊の足の指を数える・・

武造は驚いた・・・

赤ん坊をじ〜〜と見て、今度はマツのお腹を見る・・・

大きかったマツのお腹がへっこんでいる・・・・

武造は不思議そうな顔をする・・・


赤ん坊とマツのお腹を交互に見ながら・・・・

武造は、自分のお腹のところに両手を持ってきて手首を合わせ・・・そして、手首をくっつけたまま手のひらを“ぱかっ”と開いた!

・・・

そして武造は、マツのお腹を指差し、またもや自分のお腹のところに両手を持ってきて手首を合わせ・・・そして、手首をくっつけたまま手のひらを“ぱかっ”と開いた!

どうも武造のその身ぶりは、マツのお腹が“ぱかっ”と開き、赤ん坊が出てきたと言っているようである・・・

それから武造はマツのお腹をやさしく撫でた・・。


一方、関衛門は元気に産まれた男の子を見て涙ぐんでいた。

関衛門が言った
「マツ、よー頑張ってくれた、もう赤ん坊の名前は考えてあるぞ。」

ヨネが言った
「お父は、男ん子とおなごん子、両方の名前をすでに考えておるんだ」

マツは思った・・

(名前・・・オラたちが付けるんではねーんだか・・)

マツは、親となった自分たちが赤ん坊の名前を決めると思っていた・・

ところが・・・

関衛門が言った
「男ん子だから名前は・・」

そう話し出す関衛門の嬉しそうな表情を見たマツは、すぐに関衛門を名付け親として受け入れた。

(名前は・・?)
ラベル:赤ん坊 名付け親
posted by junko at 12:06| Comment(0) | 新・武造とマツの物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

家系の存続の胤がついに!第125回

洗い場で、釜の内側にこびりつき、堅くて、しゃもじでは取れないぺったんこのご飯を水でふやかして取り、それを食べるというのがマツにとってささやかな楽しみになった。

そのマツも産み月をむかえた。

家系の存続を一番願っていた関衛門は、落ち着かなくなり・・

「マツ、調子はどうだ?具合悪いところはないか?」と何度も尋ねた。

初めての出産で、幾分不安と期待を抱きながら「大丈夫だー」と応えるマツ。


「男ん子だべか?おなごん子(女の子)だべか・・?」と関衛門は一人つぶやきながら“あっちうろうろ、こっちうろうろ”している。

ヨネが言った
「どっちでもえぇーではないか、マツは元気な子を産んでくれるず」

関衛門が言った
「んだな、五体満足であれば男ん子でもおなごん子でもどっちでもえぇーな」


武造も落ち着きがなくなり、産婆が来るのを今か今かと外で待っていた。


マツの出産のため、産婆が家にやってきた・・・。

ヨネが慌ただしく動き、マツの実の母親(ハル)も手伝いにきていた。


今まで一度も経験したことのない激痛がマツを襲い・・

(腹が・・痛てー・・・)

「痛て〜・・腹が・・痛てー・・」
陣痛の間隔が近くなり、激痛に耐えるマツ・・

「オメーは、元気な子を産むんだ!しっかりしろ!」と励ますハル。


一方、部屋の外では、関衛門と武造、そしてマツの実の父親(豊三郎)が落ち着きなく、マツが出産する部屋の襖をじっと見ている・・

今か今かと待つ男たち・・・


すると突然、武造が部屋に近づき、襖を開けようとした!

無音の武造は、今マツがどうなっているのか心配で仕方なかった・・。

(現在においては、ラマーズ法という出産の方法があるが、この当時(昭和2年)は、出産に夫は立ち会うことはなかった)


「これ、武造、部屋に入ったらいけねー!」
慌てて、豊三郎が止めた。

それからしばらく武造は、“あっちうろうろ、こっちうろうろ”していたが・・・・

またもや、部屋に近づき襖を開けて中に入ろうとする・・


「武造、中に入ったらいけねーんだ!!」と豊三郎が、武造の手を引いて開けさせない。

(マツが心配で心配でならない!)と身ぶりで訴える武造・・・


豊三郎と関衛門は、武造の気持ちがよく分かった。

全く音や声が聞こえない、無音の世界にいる武造が、襖の向こうで出産に臨んでいるマツがどうなっているか、心配でしかたないことを・・。


関衛門が、武造に言った
「マツの腹の中には、神様が授けてくださった赤ん坊がいる、だから、マツが産む赤ん坊は、神様の目から見てとっても大事な命だ、神様は、マツが元気な子を産むのを助けてくれるだー!」

どうしても中に入りたがってた武造も、関衛門が言ったことで落ち着き始めた・・

それから襖をじっと見つめたまま襖が開く瞬間を今か今かと辛抱強く待ち続けた。



「オギャ〜〜〜」!!!

「産まれた!!」関衛門が大きな声で叫んだ!

関衛門の様子を見て、武造も赤ん坊が産まれたことを知った。

関衛門、武造、マツの実の父親(豊三郎)は、襖にくっ付くほど身を寄せ襖が開く瞬間を待った。


ス〜と襖が開いた!!

ヨネが言った
「元気な男ん子だー!」

「やったぞーー!」関衛門は、声を上げるのと同時に両腕も上にあがっていた!!

「武造、男ん子だ!!」関衛門がそう言うと、武造は、「神様が、マツを助けてくれた!」と言って(身ぶり)顔と両腕を天に向け、それから床に頭と両手を着き、神様に感謝した!


「もう、中に入ってもいいどー!」とヨネ。
ラベル: 家系の存続
posted by junko at 10:23| Comment(0) | 新・武造とマツの物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

心の怪我に効く薬 第124回

(お父の言うとおりだ、武造はオラを嫌いではねー、好いてくれてるだー・・)

結婚式という人生の大事な一面で大きく躓いたマツだったが、結婚式よりその後の方が大事だと理解したマツは、心に“ず〜ん・・”とのしかかるような重い気持ちが軽くなり、より前向きに見れるようになった。

マツは、体に力が湧いてくるように感じた。

(腹が減ったず・・)

少し元気を取り戻したマツの体は、すぐにご飯を要求してきた。

お腹の赤ん坊が育つにつれ、空腹がきつくなってくる・・

(ご飯、釜にどんくらいこびりついてるべか・・?)

ご飯を食べながら、マツの視線は自然と釜の中に向く・・・


マツの視野の脇に、ご飯が半分残っ茶碗が差し出されたのに気付いた!

ひもじく感じているマツに「これ、食ってけろ」と武造が、自分のご飯半分をあげようとしていた。

ヨネが言った
「武造、オメーもご飯食わねーと、田んぼ仕事するのに力が出ないではねーか!マツ、ご飯はねーけど味噌汁はおかわりできるど。」

ところが、武造は身ぶり手ぶりでいった
「マツがかわいそうだ、マツはご飯が大好きだから自分の分を半分あげるんだ」

(武造は、オラの気持ちを分かってくれてる)
マツは、そう思い「愛情という薬」を塗ってもらったように感じた。

(でも、武造のご飯をオラが食べたら・・武造に悪いず・・田んぼ仕事も体使うし・・)

マツが躊躇していると、

関衛門がマツに言った
「武造がそう言ってるんだ、食べてもいいではねーか」

それを聞いたヨネが言った
「んだ、食べたらえぇだー」

マツは武造のご飯をもらうことにした。

(旨い!♪)

美味しそうに食べるマツを見て武造も嬉しくなった。

そして自分は味噌汁をおかわりして食べた。

武造からもらったご飯もすぐに食べ終えたマツは、まだお腹が満ちなかった。

(ご飯、腹いっぱい食いてー・・・)

マツは洗い場で、釜の内側にこびりつき、堅くて、しゃもじでは取れないぺったんこのご飯を水でふやかして取り、それを食べた。

(武造、オラの事を気遣ってくれてるだ・・)

愛情という薬を塗ってもらってマツの心は、ふやけて“びちゃびちゃ”した冷たいご飯でもいっそう美味しく感じた。

(なかなか旨いず!♪)


マツは、秋にはふっくらとした白いご飯を食べれることを期待した。

しかし、その期待どおりにはいかなかった・・・

(なんだか、肌寒いず・・)

朝晩は、うわっぱりをはおらないと寒く感じるほど、その年の夏は曇りが多く日照不足だった。

関衛門の家にとって、自分所有の田んぼでの初めての米作りだったので期待は大きかったが、冷夏で米は思うように生育しなかった。

経済的にゆとりを取り戻すことを願って植えた稲は、不作という結果だった。

どこの家の田んぼを見回しても、米の生育が悪くその年の米は不作だった。

ヨネが言った
「今年は、米が不作だけど切り詰めたら大丈夫だ。」

(切り詰める・・・まだ、ご飯腹いっぱい食えないのか・・・)

マツは、経済的に厳しい生活が続くことを知った・・・
ラベル:心の怪我 効く
posted by junko at 10:40| Comment(0) | 新・武造とマツの物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。